【灘高合格体験記】灘高校合格に挑む7つのライバル(中学受験不合格・失敗でも大丈夫)どうしても合格したければこれを読め【ライバル編】

灘高受験

波乱万丈の人生を送っているガクです。

なかでもひときわ目を引くのが、

  • せっかく入った私立中学を辞めて、灘高受験した

ということです。

私は、転校を繰り返しており、様々な学校を経験してきました。

今回は、灘高合格のために知っておくべき7つのライバルをご紹介していきます。

  • 知育子育てを実践したい
  • 読書好き、勉強好きな子どもに育ってほしい
  • 子どもに伸び伸びと育ってほしい
  • 子どもの能力を最大限に伸ばしたい
  • 灘高校に何が何でも合格したい
  • 日本一自由な学校に興味がある
  • 学校選びに悩んでいる
  • 受験戦争を勝ち抜きたい

そんな方は今回の記事が役に立つはずです。

とりわけ、

  • 灘高校の内部事情

も補足しながら紹介していきます。

このブログは以下の方に向けて書いています。

  • 子育てをしている方
  • (学生・大人問わず)勉強している方
  • 子どもと接する機会のある方

よろしくお願いします!

————–

【お知らせ】毎日更新の短文日記を始めました。

こんな家庭で育った

本題に入る前に、ざっと私の家庭についてご紹介します。

  • 父は教育学をしっかりと学んだ人
  • 母は褒めるのが上手な主婦

それ以外は、ごく普通の一般家庭ですね。

ごく普通に地元の中高に進んで、大学に行ければ御の字だったようです。

それが人生わからないものです。

受験まみれになってしまうんですね。

当の本人(私)は楽しんで受験していたので、「結果よし」ということで。

↓まずは以下の記事から!

息子視点で教育・子育てについて語る(日本唯一の)ブログです。

親の子育てで良かったこと、役立ったことをどんどん書いていきます。

そう簡単に合格できると思うな

入試は一発勝負です。

慈悲の一つもありません。

お腹が痛かった、よく眠れなかった、列車の乗り換えを間違えた…。

言い訳は無用。

何も通用しません。

無事に試験会場にたどり着き、

実力をすべて発揮して、

さらに運が良ければ合格です。

たとえ落ちても文句は言わない。

グッと耐えるのみ。

受験とはそういうものです。

必死の思いで試験を受けに来たのあなただけではありません。

みんな死に物狂いで勉強したのです。

そのすべてをわずか数時間の試験に賭けているのです。

今回は、どうしても合格したいあなたへ、受験者層を詳しく説明していきます。

灘高受験に挑む7つのタイプ

主に次のタイプに分類できます。

全部で7つです。

  1. 中学受験で失敗した人
  2. 帰国子女、海外帰りで中学受験に間に合わなかった人
  3. 中学受験で成功したけど浮気した人
  4. 公立中学のずば抜けて優秀な人
  5. 私立小中一貫校出身者
  6. 海外の一流の子供
  7. 遠方からの記念受験

順番に説明していきます。

中学受験で失敗した人

もっとも多いパターンです。

私の友達にも2点差で灘中入試に落ちたという人がいます。

他にも僅差で落ちた人がわんさかいます。

僅差で落ちた人は、

  • 我慢して(諦めて)中高6年間過ごす
  • もう一度高校受験をする

この2タイプに分かれます。

ほとんどは諦めがつくのですが、そうでない人もいます。

彼らは悔しさを噛み締めて本気で勉強して再び灘を目指します。

そしてそういう人こそが、執念に燃えて全力で取り組んでいます。

終わることのない受験戦争です。

帰国子女、海外帰りで中学受験に間に合わなかった人

けっこう多いんですね。

私の経験上から申し上げると、帰国子女はずば抜けて優秀な人が多いです。

彼らの取り柄は絶対的な語学力です。

灘高入試の英語は大学受験レベルです。

普通の日本人には到底かなわない難度です。

それを考えると帰国子女は英語で圧倒的に優位に立てます。

彼らは古典が苦手なことが多いですが、それをはるかに上回るほど英語が堪能です。

そして、高校側も英語ができる人を欲しています。

その結果英語の試験だけが異常に難しくなったのです。

追記

高校入学者は「新高」と呼ばれる。

新高の得意分野はもちろん英語だ。

高1の最初の試験は内部生の順位がそのまま40人分下がると噂されている(特に英語)。

新高が入ってきたからだ。

でも、こんな順序はすぐにぐちゃぐちゃに混ざる。

中学受験で成功したけど浮気した人

自分ですね。

あまり我慢強さがないのかもしれません。

悪く言えば、わがままな人です。

でも、意外と同じ境遇の人は多いです。

関西で2番目に難関として知られるのは東大寺学園ですが、そこから高校受験で灘に入ったという話をよく聞きます。

ラ・サールに受かったのに、何を思ったのか灘に行くことにした。という人も何人かいます。

四国や北陸東北などからも一定数受験に来ます。

このような人たちは、受かったら学校の近くにある「まかない付きの寮」に入ります。

追記

まかない付きの寮は極めて高額だ。

大卒初任給程度を払う必要があるが、みんなどうしているんだろう。

公立中学のずば抜けて優秀な人

いますね。たくさん。

努力家が多いです。

つまり将来の伸び率が極めて高いです。

世の中は中学受験勢が牛耳っていると勘違いする人がいますが、そんなわけのわからないことは言わないでください。

家庭の方針で中学受験をしないところはたくさんあります。(自分も最初はそうだった)

優秀な人は無数にいます。

中学受験をしていない逸材は灘を目指します。

私立小中一貫校出身者

こちらもよく見かけます。

制度上、中学受験をしてこなかったグループです。

小学受験をしたということで、教育への関心がきわめて高い家庭が多いです。

私が知る限りでは、地元神戸や大阪出身の人が多いです。

普通に天才がいます。

努力家兼天才が多いイメージです。

海外の一流の子供

シンガポールや台湾からも受験しにくる子供達がいます。

はっきり言って強者です。

海外エリートです。

英語は武器になりますが、数学と国語が弱点という話を聞きましたが、人それぞれでしょう。

ですが実際に灘に進学したという話はあまり聞いていません。

遠方からの記念受験

いるんですよね。

もはや産業化してしまっています。

受験産業です。

合格実績を水増しするために、遠方はるばるとやってきます。

特に北九州の塾が大勢で押しかけてくるようです。

実際に進学する人は少ないため、気にしなくても大丈夫です。

ただ、よそ者オーラを放っているので、普通に緊張します。

最後に|ライバルを知れ

入試に成功する秘訣は、次の3つです。

  • 相手を知る(←志望校、ライバル)
  • 自分を知る
  • 戦略を立てる

今回は入試本番に遭遇するであろうライバルについて述べました。

様々な種類の受験生がいます。

中学受験とは比べ物にならないほど多様性に富んでいます。

進学塾の塾内模試に参加すると、なんとなくライバルの雰囲気が掴めます。

私は独学で乗り切りましたが、模試を受けてライバルのリサーチをしていました。

見たことのある顔があれば、入試本番でも緊張しにくくなります。

正攻法を組み合わせていきましょう。

それでは!

追記 おすすめの勉強法・教材リスト

以下に、おすすめの勉強法と教材をまとめた記事(リンク)を載せておきます。

これらを読めば、灘高入試対策は万全です。

是非とも、熟読してください。

灘高合格に向けてすべきこと

教科別勉強法

灘高関連の書籍

雑記(読み物)




[無料体験]家庭教師のがんば

【無料体験】バイリンガルと自宅で英語レッスン!メディア掲載多数!【お迎えシスター】

パズル・ロボット・プログラミング、全部できるのは、自考力キッズ



家庭教師のがんば



↓FX口座開設(DMM証券)




母は褒めるの上手



尊敬する父





[体験]全国1300教室の子ども英会話教室|英語で人生を変えよう!

[無料体験&資料請求]個別指導塾スタンダード

受験まみれの私

コメント

タイトルとURLをコピーしました