中学入学前に買うべき教材特集!!【2022春】

【灘卒東大生が厳選】灘中・灘高を目指す受験生全員におすすめしたい必読本

ガクさん
サイト運営者
東大院生です。独学で灘・東大に合格しました。数学オリンピックで2回の受賞歴があります。

管理人からのお知らせ

起業しました。

大阪府南部の小さな学習塾。

学心(がくしん)と名付けました。

教育理念は「学ぶ心を育てる」こと。

受験や競争だけでなく、学ぶこと自体を楽しむ。そんな世の中になればいいなと常々思っていました。

私と一緒に学びたい子どもたち大募集です!

【お知らせ】NHK番組のご案内|7/13スタート全12回

読者様からおすすめ番組のお知らせが届きました。ご関心のある方はご覧ください。

こんにちは、ガクです。

みなさんは、どのようにして勉強のモチベを維持していますか?

私は自分の志望校出身者が書いた著作物・志望校について書かれた本を大量に読むことで、常に熱意を燃やしていました。

今回の記事では、私が実際に読んできた本・絶対に読んで欲しい本をご紹介していきます。

目次

灘について書かれた本

名門高校ライバル物語

分厚い本です。

全国の名門校が載っています。

え、なんでこの学校載っていないの?

へえ、こんな学校もあるんだ!面白いね!

とご家族で楽しめる内容です。

学校選びの参考になさってください。

新しい気付きもたくさんあると思います。

灘中に合格する子は学力のほかに何を持っているのか

浜学園の先生が書いた本です。

参考になることが多いです。

是非とも、家族みんなで読んで、実践してみてください。

灘校出身者が書いた本

和田秀樹

数多くの著作物を出されています。

受験界では、あまりに有名すぎます。

灘から東大理Ⅲに合格しており、私の憧れの存在でもありました。

和田秀樹の本は自宅にもたくさん所蔵しており、受験バイブル本となっています。

私自身の独学勉強法を開発するにあたり、多いに参考にさせてもらいました。

人柄は好みが分かれるかもしれませが、私にとって和田秀樹が書いた本の内容はどれも信頼できるものでした。

受験シリーズ

「受験は要領」シリーズは、ベストセラーとなりました。

私の家庭にも全巻あります笑。

自宅学習で受験を考えている家庭は、必読書です。

受験の基礎知識を幅広く身に付けることができます。

文調も柔らかく、読みやすいです。

文庫本なので、通勤の途中や仕事の合間にもささっと読むことができます。

随分とお世話になりました。

個人的にイラストが好みです笑。

「数学は暗記だ」は反感を抱く人も多いかもしれません。

受験数学に限って言えば、和田秀樹の言う通りにすれば、合格できます。

でも、これだと数学の勉強が楽しくないです。

みなさんには、是非とも、本当の数学の世界を体験してもらいたいです。

数オリがおすすめです。

あわせて読みたい
数学オリンピックにおすすめの参考書・問題集 こんにちは、ガクです。 みなさんは、数学は好きですか?? 受験勉強の数学なんて面白くないですよね。 結局、テクニックと少しばかりの思考力と直感が働けば、スラスラ...

他の著作物

いまも、どんどん本を出していますね。

最近は健康や人生の分野に注力しているようです。

ちなみに、私の両親は和田秀樹を卒業したと言っていました。

橘木俊詔

知る人ぞ知る、橘木さん。

経済分野で有名ですが、実は灘出身です。

灘校について、けっこう踏み込んだ内容まで書いています。

他にも、お金の話と絡めてきます。

みなさん、いちばん気になるところではないでしょうか?

父が本を買ってきて、私もついでに読むというパターンが多かったです。

データは少し古いので、現実と合わないところもありますが、

読み物としては十分に面白い!

こうやって並べると、ドキッとするような書名が多いですね。

電車で読むのが恥ずかしければ、お家で読んでください笑。

その他 灘中高受験必読書

佐藤ママ

親しい知人が同期です。

なので、詳細はここでは書きません笑。

真似するもよし、こう言う育て方があるんだなと参考程度に読むのもよし。

読んで損はないでしょう。

旧名門校 VS. 新名門校

学校選びの参考にどうぞ。

読み物としてはおすすめです。

この本を読んで、学校の基礎知識を仕入れましょう。

受験で子どもを伸ばす親、つぶす親

また和田秀樹かい!?

って言われそうですが、教育熱が高まりすぎるのが、いちばん危険ですよ。

盲目になってしまい、失敗した家庭を数多く見ています。

こう言うときって、お子さんの方がよっぽど冷静で大人なんですよね。

追記 おすすめの勉強法・教材リスト

以下に、おすすめの勉強法と教材をまとめた記事(リンク)を載せておきます。

これらを読めば、灘高入試対策は万全です。

是非とも、熟読してください。

灘高合格に向けてすべきこと

あわせて読みたい
【灘高合格体験記】灘高校合格に挑む7つのライバル(中学受験不合格・失敗でも大丈夫)どうしても合格... 波乱万丈の人生を送っているガクです。 なかでもひときわ目を引くのが、 せっかく入った私立中学を辞めて、灘高受験した ということです。 私は、転校を繰り返しており...
あわせて読みたい
【灘高合格体験記】灘高校合格のためにすべき5つの行動(灘中不合格・中受失敗でも大丈夫)人生は何度... 波乱万丈の人生を送っているガクです。 なかでもひときわ目を引くのが、 せっかく入った私立中学を辞めて、灘高受験した ということです。 私は、転校を繰り返しており...

教科別勉強法

あわせて読みたい
【灘高校合格】おすすめの教材【英語編】|勉強時間と量は?|独学で合格した秘訣を紹介 灘高校は特殊な学校です。 入試も極めて難しいです。 特に高校入試は日本一難関です(私が解いてみた感触)。 なかでも、英語は群を抜いています。 高校から入学した40...
あわせて読みたい
【灘高合格への英語】最難関高校受験におすすめの問題集・参考書を一挙に紹介|自宅学習・独学向け【英... 灘高志望の中学生からお便りが届きました。 他にも数人、ツイッターやYouTubeコメントで同じような質問をお寄せくださっている中学生がおり、記事にまとめます。 灘高入...
あわせて読みたい
【灘高合格への数学】最難関高校受験におすすめの問題集・参考書を一挙に紹介|自宅学習・独学向け【数... こんにちは、ガクです。 完全に独学で灘高・東大に合格しました。 今回の記事では、最難関高校受験向けのおすすめ問題集を紹介していきます。 結論から言います。 難関...
あわせて読みたい
【灘高合格への国語】最難関高校受験におすすめの問題集・参考書を一挙に紹介|自宅学習・独学向け【国... 私は国語が苦手です。 幼い頃からたくさんの本や図鑑を読んできました。 おそらく読書量はクラスでも1番を名乗れるくらいでしょう。 けれども、国語が苦手でした。 どれ...

灘高関連の書籍

あわせて読みたい
【灘卒東大生が厳選】灘中・灘高を目指す受験生全員におすすめしたい必読本 こんにちは、ガクです。 みなさんは、どのようにして勉強のモチベを維持していますか? 私は自分の志望校出身者が書いた著作物・志望校について書かれた本を大量に読む...

雑記(読み物)

あわせて読みたい
【中学受験】関西の難関私立中学校選びのコツ|灘・東大寺・西大和・甲陽・洛南… つい先日、衝撃的な事実?が判明したため、思わず記事にすることにしました。 それは、世間一般の学校評価と現実が必ずしも一致していないということです。 具体的に申...
あわせて読みたい
合格の秘訣はありますか?|灘東大に独学で合格するための3つの要素 私は生まれつき才能があったわけではありません。 親から勉強について何かを言われたり、あれこれ手ほどきを受けたりした記憶もありません。 それでも、中学受験から大...
あわせて読みたい
上達の秘訣|私が独学で灘・東大に合格した理由 【高みを目指す】 目の前に険しい山が聳え立っていたとします。 どのような人が頂上に到達できると思いますか。 才能のある人、情熱がある人、根性がある人、真面目な人...
あわせて読みたい
灘卒東大生が教える!勉強を楽しむコツ 勉強と聞いて、ネガティブなイメージを抱く人はたくさんいます。 本当に勉強したことはありますか? 今回の記事は、そんなみなさんの「勉強への印象をガラリと変える」...

管理人からのお知らせ

起業しました。

大阪府南部の小さな学習塾。

学心(がくしん)と名付けました。

教育理念は「学ぶ心を育てる」こと。

受験や競争だけでなく、学ぶこと自体を楽しむ。そんな世の中になればいいなと常々思っていました。

私と一緒に学びたい子どもたち大募集です!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

独学で灘・東大へ合格しました。
数学オリンピックで2回の受賞歴があります。

子ども視点から子育ての良かった点をまとめていきます。
親子で使える日本唯一のブログを目指しています。

2021.03.18~ YouTube始めました

チャンネルを見る

↑登録して欲しいです

関連記事

↓こちらのボタンから、他の方のブログ記事もご覧いただけます

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(本人・親)へ

にほんブログ村 受験ブログ 高校受験(本人・親)へ

にほんブログ村 受験ブログ 大学受験(本人・親)へ

記事を投稿しよう!

このサイトは管理人の私が一方的に私論を展開する場ではありません。

読者様も一緒にディスカッションする、体験談や知恵を共有する空間を作っていきたいのです。

そこで是非ともみなさまの文章をご投稿いただきたく、ご案内差し上げます。

投稿テーマについて

「これだけは伝えたい!」「自分の勉強経験をサイトに載せたい!」という方は大歓迎です。

・幼少期の教育方法
・子育てで奮闘した話
・塾選びのコツ・内部事情
・学生時代に用いた教材と勉強方法
・受験体験記(合格も不合格も)

将来の日本を支える世代のために是非ともご協力ください。

投稿方法について

以下のボタンより、詳細なご案内ページをご覧ください。

コメントの送り方

  • コメント:ご自由にどうぞ。
  • 名前:公開されます。ペンネームでOKです。
  • メールアドレス:公開されません。管理人のみ閲覧できます。
  • サイト:空白で大丈夫です。企業の方はホームページをご記入ください。

メッセージは管理人の私が「承認」すると公開されます。お気軽にお送りください。

管理人からの反応がない場合は、nadatodai55+blog@gmail.com宛てにお送りください(システムの都合上、まれに受信できないことがあります)。

コメント

コメントする

目次