【習慣】脳内麻薬を出す4つの方法|エンドルフィンを使いこなした勉強術【受験】

独学勉強法

最高の習慣は最高のパフォーマンスを生みます。

習慣をおろそかにすると翌日に引きずります。

習慣を向上させれば学習効率もアップします。

習慣をおろそかにして勉強をあれこれ工夫するのは、基礎が不十分なのに家の内外装に手間暇かけるのと同じです。

見栄えがよくても、ぐらつけば意味がないです。

今回は、脳内麻薬を出す4つの習慣をご紹介していきます。

  • 知育子育てを実践したい
  • 読書好き、勉強好きな子どもに育ってほしい
  • 子どもに伸び伸びと育ってほしい
  • 子どもの能力を最大限に伸ばしたい
  • やる気が出ない
  • モチベを維持できない
  • 才能はないけれど結果を出したい

そんな方は今回の記事が役に立つはずです。

とりわけ、

  • 脳科学的な根拠
  • エンドルフィンの効用

も補足しながら紹介していきます。

このブログは以下の方に向けて書いています。

  • 子育てをしている方
  • (学生・大人問わず)勉強している方
  • 子どもと接する機会のある方

よろしくお願いします!

————–

【お知らせ】毎日更新の短文日記を始めました。

こんな家庭で育った

本題に入る前に、ざっと私の家庭についてご紹介します。

  • 父は教育学をしっかりと学んだ人
  • 母は褒めるのが上手な主婦

それ以外は、ごく普通の一般家庭ですね。

ごく普通に地元の中高に進んで、大学に行ければ御の字だったようです。

それが人生わからないものです。

受験まみれになってしまうんですね。

当の本人(私)は楽しんで受験していたので、「結果よし」ということで。

↓まずは以下の記事から!

息子視点で教育・子育てについて語る(日本唯一の)ブログです。

親の子育てで良かったこと、役立ったことをどんどん書いていきます。

脳内麻薬エンドルフィンとは

エンドルフィンはendor(内因性)+phin(モルヒネ)、つまり内因性モルヒネのことです。

脳内麻薬とも呼ばれています。

分泌されるのは次の2つの状況下です。

  1. ストレス、病気
  2. リラックス

順番に説明していきましょう。

ストレスから心身を守る

怪我や病気、ストトレスを抱えると精神的に辛いです。

このとき、痛みや苦しさを幸福に転換するのがエンドルフィンの役割です。

いわば、究極のストレス解消物質なのです。

エンドルフィンがなければストレスから心身を守ることが難しくなります。

リラックスしても出る

リラックスするとアルファ波が発生します。

このアルファ波がエンドルフィンの分泌と密接に関わっていると言われています。

アルファ波は以下のような時に出されます。

  • クラシック
  • 好きな音楽
  • 川のせせらぎ
  • 綺麗な風景
  • 心地よいそよ風
  • 坐禅、瞑想

私は瞑想や坐禅の習慣がないです。

関心は高いため、冬期間に集中的に取り組んでレポします。

(登山が最高にいい)

エンドルフィンの効果

多幸感を与えてくれる物質として有名なエンドルフィン。

メラトニンと並んで癒し物質です。

その効果を具体的に列挙してみましょう。

  • 幸せ感を与える
  • 脳を休める
  • 注意力アップ
  • 集中力アップ
  • 記憶力アップ
  • 創造性アップ
  • 免疫力アップ
  • 身体の修復力向上

もはやメリットしかない。

これから紹介する習慣を身につけて、エンドルフィンを味方にしよう。

エンドルフィンを出す習慣

5つあります。

順番に見ていきますね。

運動

まずは運動です。

特に15分の有酸素系、サイクリングが効果的と言われています。

運動はエンドルフィンの他にも、

  • ドーパミン
  • セロトニン
  • 成長ホルモン

などを分泌します。

追記

私は高校受験の時は午後の散歩が日課でした。

昼食後に1時間ほど歩くと気分も頭もスッキリして冴え渡りました。

大学受験の時はサイクリングに熱中しました。

毎日違うルート、知らない道を探して走っていました。

新しい発見が多くて楽しい毎日でした。

走行ログは地図に赤鉛筆でなぞっているのですが、受験生の1年間で隣接市町村も山道も含めて、すべての道を走破しました。

達成感、爽快感、勉強のモチベ持続…と、いいことしかなかったです。

チョコレート

疲れたとき、ふとチョコレートを食べたくなることはありませんか?

甘いものを食べると至福感につつまれます。

さらにストレスも解消されます。

これもエンドルフィンが分泌されるからです。

中でもチョコがいいと言われています。

勉強で酷使した脳にも効きますので、オススメです。

追記

私の家庭はお菓子はほとんど買わないが、チョコだけはヘビーユーザーだった。

父はカカオ95%とかのよくわからない苦いものを食べ、

母と私は甘い普通のチョコを好んで食べた。

毎回、親が買い物に行く時に何か欲しいものがないか聞いてくる。

ないよ、と答える。

チョコあれば欲しい、と付け足す。

それが毎日繰り返された。

ちなみに私はチョコ1粒で30分全力集中するなどのルールを決めて取り組んだこともある。

チョコのために、疲れた時も本気を出せた。

もちろん、試験本番もチョコを大量に持参した。

リラックス

先ほども述べたように、アルファ波によってエンドルフィンは分泌されます。

クラシック音楽やそよ風などが効果的だと言われています。

私の家庭では早朝からクラシック音楽をかけ流しにしていました。

また、エアコンはほとんど使わずに窓を頻繁に開けて空気の取り替えを行っていました。

ギスギスした雰囲気で集中力を発揮するのは至難の技です。

ゆとりのある、落ち着いた環境を作るのが得策です。

私の場合は、

野鳥の声や虫の声が素晴らしい効果を付与してくれました。

将来は小さな渓流、湧水帯の近くで住みたい。

瞑想、坐禅

坐禅や瞑想は、

  • 心は平静にも関わらず、集中力・注意力が高まって意識が研ぎ澄まされる

ことが最大の特徴です。

エンドルフィンによって、癒しと脳の活性化という2つの効果が発揮されます。

自分にはこの習慣がまだありません。

父は瞑想しています。

楽しそうです。

自分もこの冬期間に実践します。

坐禅をします。

追記

中学校は仏教系だったので、頻繁に瞑想の機会があった。

呼吸を整えるのだが、よくわからなかった。

瞑想が始まってもよくわからなかった。

雑念が入り込んできて瞑想どころではなかった。

精神鍛錬に本気で取り組む必要がある。

最後に|最高の習慣が最高のパフォーマンスを呼ぶ

私の父は良習慣の取り込みと実践に余念がありません。

帰省するたびに、何やら新しい習慣が始まっています。

そして帰省するたびに、前よりも生き生きして見えます。

習慣を向上していくと、人間本来の力も発揮されるように思います。

AIの台頭が話題です。

人間に求められるのは、機械的な作業ではなくて、人間味が感じられる創作ではないでしょうか。

これは良習慣の実践で達成されると思います。

その際に、脳内物質との関連性、科学的な根拠も参考にすると良いと思います。

それでは!




[無料体験]家庭教師のがんば

【無料体験】バイリンガルと自宅で英語レッスン!メディア掲載多数!【お迎えシスター】

パズル・ロボット・プログラミング、全部できるのは、自考力キッズ



家庭教師のがんば



↓FX口座開設(DMM証券)




母は褒めるの上手



尊敬する父





[体験]全国1300教室の子ども英会話教室|英語で人生を変えよう!

[無料体験&資料請求]個別指導塾スタンダード

受験まみれの私

コメント

タイトルとURLをコピーしました