【子育て】学ぶために生まれた【父が語る】

子育てのコツ

こんにちは、父の背中を見て育ったGAKUです。

普通の人ではありませんでした。

自分に厳しくて他人に優しい父が格好良かったです。

尊敬しています。

今回は、子育てにひと段落がついた父の文章をご紹介していきます。

  • 知育子育てを実践したい
  • 読書好き、勉強好きな子どもに育ってほしい
  • 子どもに伸び伸びと育ってほしい
  • 子どもの能力を最大限に伸ばしたい
  • 子育てに悩んでいる
  • 子どもとの接し方を工夫したい

そんな方は今回の記事が役に立つはずです。

ひとつだけ、

  • この記事は父の文章

ということをご留意ください(本記事内の私=父です)。

このブログは以下の方に向けて書いています。

  • 子育てをしている方
  • (学生・大人問わず)勉強している方
  • 子どもと接する機会のある方

よろしくお願いします!

————–

【お知らせ】毎日更新の短文日記を始めました。

こんな家庭で育った

本題に入る前に、ざっと私の家庭についてご紹介します。

  • 父は教育学をしっかりと学んだ人
  • 母は褒めるのが上手な主婦

それ以外は、ごく普通の一般家庭ですね。

ごく普通に地元の中高に進んで、大学に行ければ御の字だったようです。

それが人生わからないものです。

受験まみれになってしまうんですね。

当の本人(私)は楽しんで受験していたので、「結果よし」ということで。

↓まずは以下の記事から!

息子視点で教育・子育てについて語る(日本唯一の)ブログです。

親の子育てで良かったこと、役立ったことをどんどん書いていきます。

それでは、父の文章をどうぞ。

底力

火事のとき、普通では動かすことのできない重いものを運び出すことができる力のことを、

  • 火事場馬鹿力

と言います。

差し迫った状況では、ふだんは考えられないような力を発揮するものだというたとえです。

体育祭や文化祭などの学校行事やお祭りが終わった時期に、ようやく受験勉強に身を入れだす受験生が何人かいます。

「この子にこんな集中力があったんだなぁ」

と感心するくらい、勉強にのめり込みます。

そして、わずか1か月で5教科の合計点を100~150点も上げる子がいるのです。

「奇跡だ。マジックだ」などと言う子もいます。

また、入試の1ヶ月くらい前になると、毎年のように「どうしても志望校に行きたい」と相談に来る人が何人かいます。

「学校の先生にも塾の先生にも全員に反対されています。今の成績では志望校に合格するのは難しいから、別の学校を受験するように言われました。でも、志望校をあきらめたくありません」

わたしは、子どもと保護者の方の話を聞いて、「がんばってみるか」と言うことがあります。

そうすると、子どもたちはそれまで以上にものすごい勢いで勉強し始めます。

「先生が『大丈夫』と言ってくれたから志望校に挑みます」

と最後の約1か月間でぐんぐん学力を伸ばして、志望校の合格を決めます。

  • ふだんはれているが、いざというときに出る力

のことを、底力と言います。

誰でも変わることができます。

体の底のほうにある力を出せば、信じられないくらい変わることができるのです。

夢を持つこと

人間には、「挑戦したい」という本能があります。

目標に挑戦して達成できると、新しい目標をつくって、またそれに向かって挑戦します。

そうやって次から次へと生きがいを探していきます。

自分の人生をどう輝かせるか。

夢を実現するために挑戦し続けることは、素晴らしいと思います。

高橋尚子さんが陸上を始めたきっかけは、小学生のとき、陸上部員がスパイクを履いているのを見て、

  • がついている。面白い」

と思ったことだそうです。

高校で初めて都道府県女子駅伝に出たとき、高橋さんは47人中45位でした。

「ビリから3番なんて、狙っても取れない、1等賞になるより難しい」とみんなに言われました。

1度目のマラソン(1997年大阪国際)で7位。

1位の選手との差は、11分でした。11分離されているということは、1位の選手は3km先にいるのと同じことです。

普通の人は「無理だ」と言います。

しかし、監督の小出義雄さんは、「11分を1kmずつ、42で割ればどうなるか。

1kmで15秒縮めればいい」と考えました。

そう聞くと何だかできそうになります。

2度目のマラソン(1998年名古屋国際)で、高橋さんは、初優勝しました。

そして、2000年シドニーオリンピックで金メダルを獲得しました。

子どもらしいきっかけで陸上を始めた高橋さんは、あきらめないで努力して、夢をかなえることができました。

「無理だ」と言えば、夢をかなえることはできません。

「夢はかなえるためにあるんだよ」と77歳の小出さんは言います。

BORN TO LEARN 学ぶために生まれた

これは最近読んだ「BORN TO RUN 走るために生まれた」という本から思いついた言葉です。

長年、子どもたちを見てきて思うのは、

  • 子どもたちは、「学ぶことがきである」

ということ。

そして、すべての子どもたちは、

  • 「知らないことを、知りたい、えたい、につけたい」
  • 「今の自分より、もっといい自分になりたい」

という気持ちを持っています。 

この気持ちを“本当のこと”にするために、子どもたちは頑張ります。

持ち物が少ない子どもたちは、素直に頑張ることができています。

ところが、同じ気持ちを持っていても、ゲームやケータイなど持ち物が多い子どもは、頑張る力を十分に発揮することができていません。

いろんなモノが邪魔になって、 “がんばろう”という気持ちが挫かれているのです。

「質素な暮らしをして、頭や身体とともに魂を鍛える」ということを考えてみるといいと思います。

チェーン店のある塾は、効率よく利益を上げるためにシステム化し、会社の成長のために子どもたちを利用しています。

そこに通っている子どもたちは、“自分で工夫しながら考える楽しみ”や“自分で学習計画を立てて実行する喜び”を奪われてしまい、ただ言われるがまま勉強させられているので、自分ひとりで学ぶことができなくなってしまいます。

学習環境は、「質素なものほどいいし、最良の方法はもっとも簡素なもの」なのです。

簡素な学習法で学んでいる子どもは、「BORN TO LEARN 学ぶために生まれた」ことに気づき、「生きることの意味、学ぶことの意味」を知るようになります。

最後に|簡素な豊かさ

私はおもちゃを買い与えられませんでした。

勉強についてとやかく口出しされることもありませんでした。

ただ、好奇心がある分野に関しては、協力してくれました。

大自然に連れて行ってくれました。

観察道具を買ってくれました。

図鑑や事典を買ってくれました。

本をたくさんくれました。

それ以外の「余分なもの」には触れませんでした。

だからこそ、私は「好き」を存分に伸ばすことができたのだと感じます。

それでは!




[無料体験]家庭教師のがんば

【無料体験】バイリンガルと自宅で英語レッスン!メディア掲載多数!【お迎えシスター】

パズル・ロボット・プログラミング、全部できるのは、自考力キッズ



家庭教師のがんば



↓FX口座開設(DMM証券)




母は褒めるの上手



尊敬する父





[体験]全国1300教室の子ども英会話教室|英語で人生を変えよう!

[無料体験&資料請求]個別指導塾スタンダード

受験まみれの私

コメント

タイトルとURLをコピーしました