【メニュー編】朝食を振り返る(幼少〜大学院まで)

日常生活

私はパン派でした。

事あるごとに同期に朝食は主に何を食べるか聞いています。

結果としては、五分五分くらいです。

ご飯もパンも人気です。

それ以外のものを食べるという人もいました。

これについては別項で詳しく話しましょう。

今回は私の朝食メニューについて幼少期から振り返ります。

このブログは以下の方に向けて書いています。

  • 子育てをしている方
  • (学生・大人問わず)勉強している方
  • 子どもと接する機会のある方

よろしくお願いします!

————–

【お知らせ】毎日更新の短文日記を始めました。

こんな家庭で育った

本題に入る前に、ざっと私の家庭についてご紹介します。

  • 父は教育学をしっかりと学んだ人
  • 母は褒めるのが上手な主婦

それ以外は、ごく普通の一般家庭ですね。

ごく普通に地元の中高に進んで、大学に行ければ御の字だったようです。

それが人生わからないものです。

受験まみれになってしまうんですね。

当の本人(私)は楽しんで受験していたので、「結果よし」ということで。

↓まずは以下の記事から!

↓初めての方はこちら!

息子視点で教育・子育てについて語る(日本唯一の)ブログです。

親の子育てで良かったこと、役立ったことをどんどん書いていきます。

朝食メニュー

どれだけさかのぼっても、朝にご飯を食べたという記憶はありません

正月は雑煮を食べますが、それ以外は決まってパンです。

一年のうち、364日は朝にパンを食べています(登山中も朝はパンです)。

ただ、パンといっても、副菜は異なります

付随する出来事とともに、振り返っていきましょう!

幼少時代

基本的には、次のようなメニューになります。

  • 食パン1枚(5枚切り|近所のパン屋さん)
  • バター(雪印メグミルク|北海道バター)
  • はちみつ(国産|地元の農産物直売所)
  • 牛乳(生乳100%|十勝やサロベツなど)
  • バナナ(普通のエクアドルorフィリピン産)
  • ヨーグルト(砂糖の無いもの)

近所にパン屋さんがありました。

お遣いとして頻繁に通っていました。

毎回、行く前に母に買うものを聞きます。

合計の金額を自分で計算して、小銭を何枚か用意します。

足し算と引き算のいい練習になりました

教材で学んだことは実際に使わないと意味がありません。

仲良くなって家族ぐるみの交流になりました。

道ですれ違っても毎回声をかけてくれます。

街のパン屋さんっていいですよね。

小学時代

健康にこだわる父の提案で変革が起こりました。

幼少時代のメニューに加えて、

  • 野菜とフルーツをミキサーにかけてスムージー

を作りました。

本当に大きな変革です。

これまで朝に野菜を食べることはほとんどありませんでしたが、急に野菜の量が増えたのです。

極めて健康的な毎日が続きました。

と言いたいところですが、何回か途絶えました。

途絶えては復活しての繰り返しです。

原因として

  • 食費
  • 手間

の2つが考えられます。

我が家は食費は惜しまない方針ですので、主に煩雑な手間が理由で途絶えてしまいました

中学高校時代

こだわり派の父はとことんこだわります。

メニュー内容は同じなのですが、パン屋さんが変わりました。

隣町に新しいパン屋がオープンしました。

どこよりもおいしいと言うことで、決定です。

いつも買うのは、玄米食パン5枚切り

健康にも良くて、玄米の粒々が絶妙にマッチします。

平日は父親が自転車で買いに行っていました。

週末は私の担当です。

そこそこ距離があっていい運動です。

パン屋のスタッフ全員に顔と名前、リピ買いしているものを覚えられ、ドアを入ったらすぐに焼き立てパンを切ってくれました。

買うものを言わなくても、顔だけでレジの前に商品が用意されました。

さらに、私がヘタ(耳だけの部分)好きだとわかると、必ずヘタの部分も添えて渡してくれました。

最高です。

常連客ならでは優遇措置です。

大学生時代

引き続き食パンを食べていました。

上京して、大好きな5枚切りが全く売っておらず、非常に困惑しました。

お金がないので、スーパーで売っている普通の食パンを買っていました。

なんでも食べるのが好きです。

6枚切りだと、一斤あたりの楽しみが6回しか無いので、8枚切りを買うようにしています。

いま

パンをやめました。

炭水化物を減らしてタンパク質重視の日々に移行しました。

具体的には、

  • 豆腐
  • 納豆
  • 鶏肉
  • レタス

です。

私は省エネ稼働が苦手で、カロリー不足に陥ります。

お腹が減って辛いですが、腹八分目を念頭に辛抱の毎日です。

修行だと思えば楽しい。

追記

晩秋〜初冬にかけて、食欲が通常の2倍くらいに増えてしまい、食べるのを我慢するのが本当に辛いです。

食べ物を見るとすぐに手を出してしまいます。

それにも関わらず、体重も増えないし、体型も変わらないです。

外見や数値では変化が見られないため抑制が効かず、ますます食べてしまいます。

このままではいけないので、この時期は、家に食べ物をほとんど置かないようにしています。

買いだめはしません。

「なくなれば買い足す」ようにしています。

追記

「欲望に流される」という生活を続けていると、全体的に意志力が弱くなってしまいます。

自分で律していく必要があります。

【番外編】父の朝食(←いま)

父はこだわり派です。

種類が豊富です。

羨ましいです。

本を読んで新しく得られた知見があれば、すぐにそれを実践しています。

最近はパンを食べないみたいです。

内容は、

  • 豆乳(無調整)
  • グラノーラ(ケロッグ・オールブラン)
  • バナナ
  • ヨーグルト(砂糖なし)
  • はちみつ(国産)
  • (ドライフルーツ)

です。

バラエティに富んでいます。

一つひとつ計量しており、準備のほうが時間がかかっています。

でも、一見面倒くさそうな準備を楽しんでいるようです。

いつ見ても幸せそうな父です。

【番外編】母の朝食

長年変わりません。

  • 食パン(小ぶりの5枚切り2枚)
  • はちみつ(国産)
  • 牛乳(生乳100%)

極めてシンプル。

懐かしいメニューです。

オーブンで焼き目がついた食パンの匂いを嗅ぐと、いつも母の姿が思い浮かびます。

食パンはこだわりがあるのか、最近は父とは別のパン屋さんのものを利用しているようです。

まとめ

実家の朝食は本当にゆったりとしていて、まさに理想の朝食でした。

こまめにスムージーを作るなど凝った時期がありました。

しかし、結局長続きしませんでした。

メインは食パンです。

手間を考えてのことだと思います。

ご飯派になることは当分の間なさそうです(その理由も見当たらない)。

ただ、食パンが完全に消滅する可能性はあります。

最近はグラノーラにはまっているみたいです。

カルビーよりもケロッグが多いようです。

追記

私は、コスパを考えてカルビーのフルグラ推しです。

西友やトップバリューの方が、値段は安いですが、フルーツの量が残念で後悔します。

カルビーのフルグラは登山の行動食として大活躍してくれています。

日常的に食べるのであれば、まとめ買いが断然お得です。

↓アマゾンのものは本当にオススメ!




[無料体験]家庭教師のがんば

【無料体験】バイリンガルと自宅で英語レッスン!メディア掲載多数!【お迎えシスター】

パズル・ロボット・プログラミング、全部できるのは、自考力キッズ



プレゼントにおすすめ!

母は褒めるの上手

尊敬する父





[体験]全国1300教室の子ども英会話教室|英語で人生を変えよう!

[無料体験&資料請求]個別指導塾スタンダード

受験まみれの私

コメント

タイトルとURLをコピーしました