【東大生おすすめ】入試直前期にやること・合格のための時間の使い方

独学勉強法

こんにちは、ガクです。

入試が近づいてきました。

今回は、直前期におすすめの時間の使い方を紹介していきます。

はじめに、結論から。

ポイントは以下の3つです。

入試直前期の時間の使い方

午前〜昼:過去問(本番と同じ時間帯)

夕〜夜:まとめノート

隙間時間:身体を動かす

順番に見ていきましょう。

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

母の手料理をまとめました。
今日の料理に迷ったらご参照ください。
ご飯、できたで!
↑ 料理は素晴らしいけど、サイトは手抜きなのでがっかりしないで^^)/
_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

入試直前期に意識すべきこと

本題に入る前に、私が入試直前期に意識していたことをお話しします。

以下の一つに集約されます。

入試直前期に意識すべきこと

本番に向けて、最高のコンディションを整える

これだけです。

そのために、私が実際におこなった時間の使い方を述べていきます。

午前〜昼は過去問を解く

灘高受験も東大受験のときもこれを守っていました。

本番と同じ時間帯に演習を積むことで、緊張感を持って取り組むことができます。

朝が弱い人でも、本番で頭が回らなかった〜泣….なんてことにならないよう、朝の勉強に慣れておくと良いです。

夕〜夜:まとめノート

1日の後半は、定着の時間にしていました。

まとめノートをガシガシ書いていきます。

自分の弱点がぎっしり詰まっています。

まとめノートは絶対に作った方がいいです。

灘高の同期も大学受験で成功した人は、例外なくまとめノートを作っています。

隙間時間:身体を動かす

高校受験のときは、軽い筋トレと散歩、犬の散歩。

大学受験の時は、筋トレ、ラジオ体操、散歩、犬の散歩。

これで完璧です。

ずっと屋内にこもっていても気が滅入るだけです。

感知できないような小さな精神的ストレスが蓄積すると、体調が悪くなったり、勉強の集中力、吸収力が落ちてきます。

しっかり身体を動かして、血行を良くする。

これが大事です。

個人的には、昼食後の昼寝も好きでした。

家の近くの田んぼ(畦道)に寝っ転がって、お日様を浴びながらのんびり過ごしていました。

これだけで、不安も緊張も焦りも吹っ飛びます。

おすすめです。

お役立ちリンク

是非とも、皆様の入試直前期の過ごし方の参考にしてください。

ご質問はメールでもTwitterのDMでもお気軽に。

記事にしてお答えします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました