ソフトバンク光を解約・アナログ戻し|実家の通信費を見直す

私の愛用品

こんにちは、ガクです。

私事ですが、備忘録としてまとめていきます。

実家のネット環境を見直そうと言う内容です。

繰り返しますが、自分のための備忘録です。

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

母の手料理をまとめました。
今日の料理に迷ったらご参照ください。
ご飯、できたで!
↑ 料理は素晴らしいけど、サイトは手抜きなのでがっかりしないで^^)/
_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

通信費見直しのきっかけ

実家だけでなく、私の事情もあります。

両方を混ぜて紹介しましょう。

断りがない限り、通信量・通信費は1ヶ月あたりです。

ソフトバンク光の更新月が迫ったから

ソフトバンク光の更新月が迫ったから。

これが最大の理由です。

同じタイミングで、スマホを格安スマホに変えようと思っており、毎月の割引も消失するため、このチャンスを活かします。

ソフトバンク光は遅い?

光回線にもかかわらず、遅いです。

調子がいいときで、30Mbpsくらい。

実家のソフトバンク光、これでマシなほう

普段は20Mbpsです。

これならまだ許せるのですが、私の勉強部屋がある2階は劣悪です。

だいたい、3〜20Mbpsで推移しています。

これまでの経験からすると、オンライン会議(Zoom)には、最低10Mbpsを安定して出して欲しいです。

そうなんです。安定が欲しいのです。

実家のソフトバンク光に足りないのは安定性です。

おかげで、Zoomは2時間に1回の頻度で途切れてしまいます。

なんとかして欲しい!!

余談
大学のWi-Fiは爆速です。公衆無線なのに、普通に200Mbpsです。これってすごいよね!?

楽天モバイルに魅力を感じたから

個人的には、楽天は好きではありません。

(正直に言うと、ソフトバンクも好きではありません…)

でも、楽天が大々的に実施しているキャンペーンには魅力を感じています。

ちょうど、研究室の同期が楽天モバイルを契約しており、詳細を聞くことができました。

私:楽天モバイルってどうなの?
同期:めっちゃいいよ! 強くはおすすめしないけど
私:使えるの?
同期:大学の建物内と地下鉄はまったくダメダメ。でも、楽天回線エリアなら1年間無料で無制限に使えるで!
私:前向きに検討するわ〜

さて、私の実家でも楽天回線が使えるか確認してみました(設定→モバイルデータ通信から、現在使える通信会社が一覧で表示できます)。

バッチリ表示されていました。実際の電波強度はSIM入れないと分かりませんが、少なくとも電波は入ってきています。

ワイモバイルの通信費が安くないから

1年目は音声通話+24GBで980円ほどでした。

めっちゃ安いです。

からくりは、ソフトバンクからの乗り換え(1,000円OFF)とソフトバンク光の割引(1,000円?)が同時に適用されていたからです。

ただ、2年目以降は割引が効かず、1,000円以上値上がりしました。

もう、魅力は薄いですね。

東大からモバイルWi-Fiルーターが無料支給されたから

コロナによるオンライン授業の広がりを受けて、大学がモバイルWi-Fiルーターを支給し始めました。

無料で50GB使えます。

とってもありがたいです。

これによって、スマホの通信量は1GBでも十分に足りることが判明しました(登山と自転車でしかモバイルデータ通信しない)。

つまり、格安SIMに移行できるようになったということです。

(まあ、ワイモバイルも十分安いんですけどね)

現在の費用(ソフトバンク光+光電話)

実家の2020年の平均的な通信費は以下の通りです。

実家(母)

ネット(実質無制限)+固定電話(通話料込):約7,000円
スマホ(音声通話10分無料+3GB):2,480円

合計:約9,500円

父は、スマホを契約していません。

生粋のアナログ派です。

ちなみに、息子の私(別居)は次の通りです。

私(息子)

ネット(モバイルWi-Fi, 50GB):0円 ←大学から無料支給
スマホ(音声通話10分無料+9GB):2,001円

合計:2,001円

スマホは毎月1,279円の割引が入っています。これは、実家がソフトバンク光を契約しているためです。

家族全員がスマホを大手三社のいずれかでそろえている場合、固定回線も同じ会社にすると割引がたくさんついてお得です。ただ、2年縛りつきまとってきます。

余談
ソフトバンクかワイモバイルを契約していると、電気代も割引が効きます。

実家(親):毎月300円引
アパート(息子の私):毎月100円引

親は実家のソフトバンク光と紐付けて割引、私はスマホのワイモバイルと紐付けて割引を適用しています。

検討した作戦

以下の順序で検討しました。

NURO光→断念

戸建ての光回線では何がいいのか?

もっとも料金が安くて、速度も速いのがNURO光です(自分が調べた限りでは)。

しかもキャッシュバックが40,000円もついてくると言うことです。

NURO光 キャンペーン詳細

開通までの期間や費用が気になったため、オンラインチャットで聞いてみました。

余談:NURO光のオンラインチャットはとても迅速かつ親切。びっくりしました。

その結果わかったことが、以下の通りです。

NURO光のメリット
キャッシュバックが40,000円もつく
回線速度が高速で安定している(らしい)
光回線(戸建て)の中では、もっともお得(らしい)
NURO光のデメリット
開通まで時間がかかる(2ヶ月)
固定電話番号を維持する場合、アナログ戻しが必要(いまさら?)
エリアが狭い(実家はOK!)

2ヶ月は長すぎです。

ソフトバンク光の更新月に間に合いません(後から聞いた話では、解約金はNUROが負担してくれるらしい)。

面倒臭そうなので却下しました。

おうちのでんわ+楽天モバイル

ネットで調べてみると、おうちのでんわと言うサービスを発見しました。

ソフトバンクが提供しています。

月額基本料金500円とのことです。
(ただし、ソフトバンク・ワイモバイルユーザーに限る)

これは、とっても魅力的です。

さっそく、第一候補に上がりました。

おうちのでんわのメリット
基本料金が500円と安い(SB, Ymユーザー以外は980円)
携帯と同じ電波を使用しているため、どこでも設置可能
ソフトバンクユーザー当ては通話料無料
固定電話への通話料も安い
台風などで電話線が切れても使用OK

 

ただ、おうちのでんわは普及率が低いこともあって、不安もたくさんあります。

「おうちのでんわ 音質」で調べるとネガティブレビューもわんさか出てきます笑。

おうちのでんわのデメリット
実質3年縛り
ショップでの契約のみ
接続ユニットの在庫が少ない
通話品質に不安がある
ソフトバンク通信障害時は使えない
ソフトバンク・ワイモバイルユーザー以外は恩恵が少ない?
固定電話を頻繁に使う人にとっては不安
いまどき、みんな光電話だよね!?
というよりも、固定電話すらもたないよね!?

アナログ戻し+楽天モバイル

結局、これに落ち着きました。

NTT(局番なしの116)に電話をかけると、丁寧に対応してくれました。

10日後に工事に来てくれるとのこと。

電話番号も維持できるようです。

費用は現地の状況によって2,000円または10,300円とのこと。

月額基本料金は2,400円と案内されました(一般家庭は1,700円、実家は個人事業主のため高い…)。

これから、楽天モバイルも契約しておきます。

候補はrakuten handかな(モバイルWi-Fiとして使う予定です)。

友人に聞くと、handは絶対にやめろ、oppo a5 2020にしておけ。と言われてしまいました。

esim専用機は使えないというのが持論のようです。

追記
Rakuten Handが実質無料になったので、契約&購入しました。
↓ こちらで報告しています。

まとめ|結局、何がいいのか

家の通信環境を重視したい

NURO光 一択です。

なんと言っても、キャッシュバックが40,000円もついてきます。

工事費も実質無料で、私が調べた限りでは、もっともお得な光回線です。

ただ、以下のようなデメリットがあります。

NURO光のデメリット(再掲)
開通まで時間がかかる(2ヶ月)
固定電話番号を維持する場合、アナログ戻しが必要(いまさら?)
エリアが狭い(実家はOK!)

外出先でもネット環境が欲しい|楽天回線エリア内

外出先がすべて楽天回線エリアであれば、楽天モバイル一択かなと思われます。

もちろん、デメリットもたくさんあります。

地下鉄や高層ビル内などは電波状況が悪いようです(友人談)。

これから私が契約しますので、またレビューしますね。

外出先でもネット環境が欲しい|楽天回線エリア外

もっと安定してネットを使いたい人は、モバイルWi-Fiルーターを選んでください。

私は、大学支給のモバイルWi-Fiルーターを使っていますが、非常に快適です。

バッテリーも1日持続して、本当にストレスフリー。

私が調べた限りでは、GMOとくとくBBという怪しげな?会社がお得です。

注意点は、キャッシュバックの受け取りを忘れないことです。

 

工事や通信環境については、また追ってお伝えしていきます。

適宜、この記事に加筆していきます。

今日はこの辺で。

コメント

タイトルとURLをコピーしました