変化と無常観|コロナ大変動の時代に思うこと

エッセイ

変化と向き合う

「天災は忘れた頃にやってくる」で有名な地球科学者の寺田寅彦は次のように述べています。

日本列島は「慈母」と「厳父」の2つの顔を持つ。そこに暮らしてきた日本人は、「厳父の厳訓に服することは慈母の慈愛に甘えるのと同等にわれわれの生活の安寧を保証するために必要なこと」だと認識していた。

ひとたび「厳父の厳訓」を受けるとそれまでの日常は破壊され、多くの命が失われてしまいます。

災害と戦争が続いた中世日本では、世の中に不変のものはないという考え(諸行無常)が広まりました。

無常観と聞くと悲壮感が漂いますが、徒然草に「世は定めなきこそいみじけれ」とあるように、移ろいゆく儚きものを美意識へと昇華させたのが吉田兼好です。

これは日本文化の美的感覚(幽玄)へと引き継がれていきました。

コロナがもたらしたもの

あらゆる枠組み・価値観を捉え直す局面に来ました。

これまでのやり方が通用しない、誰もが経験したことのない事態に陥っています。

発生源は諸説ありますが、主に中国武漢から世界中に広まった新型コロナウイルスがもたらした影響は極めて大きいです。

ウイルス核は0.1μm(1mmの1万分の1)と極めて小さく、発症後の治療法も確立されていません。

世界有数の災害大国と言われ、同時に防災意識が高く評価されている日本でも混乱は大きいです。

即時的な物理破壊を伴う地震や台風と違って、感染から発症まで時間差があり、感染力を有する無症状者も存在することから被害状況の把握が困難です。

全世界レベルで広まり、被害のピークがいつなのかも不明瞭です。

全国の学校は休校に追い込まれました。

私の大学も封鎖され、実験の継続ができなくなりました。

一人ひとりが考えるべき時期です。

生活が一変した現在、あなたはどのような社会を創造したいと考えていますか。

Amazonプライム

コメント

タイトルとURLをコピーしました