考える前に行動するための7つの習慣

最高の習慣
最高の習慣
  • やりたいことがなかなかできない。
  • どんどんタスクが溜まってくる。
  • 何もかもが中途半端に終わってしまう。

そんなことはありませんか?

ちょっとした習慣を身につけることで、これらの問題は解消されます。

順番に紹介していきましょう。

悩んだら負け

次は何をしようかな…。

なんて、悩んでしまったら、負けです。

時間は瞬く間に飛んでいき、

その間にモチベーションも低下してしまいます。

大切なのは次の2点です。

  • あらかじめやることを決めておく
  • いちいち考えない

つまり、ルーティン化すればいいのです。

例えば、

ご飯を食べた後は何をしようかな

→食器を洗う、歯磨きをする

当たり前のことですよね。

どうして、当たり前なのですか?

それは、あなたが〇〇の後は△△をすると決めているからですよね。

全てをルーティン化することで、どんどん行動することができ、モチベーションを保つことができます。

7つの習慣でうまくいく

ここでは、具体的な習慣として次の7つを紹介します。

  1. 週単位、曜日ごとにやるべきことを決める
  2. 先延ばしをしない、言い訳もしない
  3. やらないことを先に決めてしまう
  4. 探し物を減らす
  5. 大差のないことに悩まない
  6. 人に尋ねる
  7. 予定を簡単に動かさない

では、順番に解説していきます。

週単位、曜日ごとにやるべきことを決める

私は小学生の頃から計画を立てて勉強をしていました。

今もこの習慣は続けています。

それは、計画を立てた方が格段に物事が捗るからです。

具体的な手順は以下の通りです。

  • 月の初めに、その1ヶ月の日々の行動計画を立てる
  • 日曜夜に1週間分の目標、やるべきことを書き出す(先週とほとんど同じ場合でも書く)
  • 前日夜に翌日のタイムラインを完成させる

単純ですが、

こうすることで、見違えるように作業が捗ります。

理由は簡単で、やることがすでに決まっているからです。

自分で時間割を作ることで、自分を律しやすくなります。

時間割は机の前に貼ったり、普段目につきやすい場所に置いておきましょう。

ノルマや朝礼がなくても、自分でどんどん行動する。これが自律です。

先延ばしをしない、言い訳もしない

宿題がいつまでたってもできないのには理由があります。

それは、

先延ばしをすればするほど、面倒臭さが増してくるからです。

つまり、

すぐに片付けなければ、モチベーションも下がって、能力を発揮することができません。

ますます集中できなくなり、終わらせるのに時間がかかり、宿題が嫌いになり、さらには勉強も嫌いになって…。

結局、何もできないのです。

実は、私も一人暮らしを初めてすぐの時、同じような状態になりました。

食器の洗い物も部屋の整理整頓もなかなか終わらないのです。

1時間後でいいや。明日でいいや。

これを続けているうちにどんどん時間が失われていきました。

今では、調理しながら洗う。食べ終わったらすぐに洗う。

部屋はものをほとんど置かずに、こまめに掃除する。

これらを習慣化することで、気持ちよく生活できるようになりました。

やらないことを先に決めてしまう

大学に入ると輪読というものがあります。

これは、英語で書かれた文献を担当者を決めて毎週行うといった授業です。

担当者は、きちんと内容を理解して、自分の言葉で解説し、質問に的確に答える必要があります。

面白そうだと思うかもしれませんが、準備がなかなか大変なのです。

自分の担当が1ヶ月先とかでも、そわそわして落ち着かないのです。

こういう場合は、

  • さっさと終わらせてしまう
  • 直前まで手をつけない

このどちらかを取るのが賢明です。

中途半端に手をつけても長引くだけで、準備に気を取られて、他のことに没頭できません。

これは、夏休みの宿題も同じでしょう。

私は、宿題が配られると同時に取り組んでいましたから、夏休みが始まる頃には全て終わっていました。

つまり、

夏休み中は宿題を一切しない

と決めていたわけです。

おかげで、存分に夏休みを満喫できたわけです。

探し物を減らす

こまめに整理整頓する習慣を身につけておくと、何かと役に立ちます。

探し物は時間を奪います。

それだけでなく、モチベーションも奪われます。

さらに、見つからなかった時は、手をつけることさえできません。

全くいいことがないのです。

普段から、

  • 書類やデータはカテゴリー別に分ける
  • 動かしたものは元の場所に戻す

これを徹底するだけで、大きな時間の節約になりますし、

何より頭の中がすっきりします。

大差のないことに悩まない

勉強ができないと嘆いている人は、次のような状態に陥ることがあります。

数学から始めようか英語から始めようか。

どっちでもいいのです。

悩んでいる暇があったら、さっさと取り組むべきです。

悩まない方法として、一定の基準を設けるのがオススメです。

例えば、

・一番近くにある教材から手をつける

・数学を1時間やったら英語を1時間する

そもそも、

前日の夜に計画を立てておくと、このような問題も発生しませんよね。

人に尋ねる

どうしてもわからないことがあります。

そんな時は、人に尋ねましょう。

自分でやるんだと意気込んで、丸一日を無為に過ごしても意味がありません。

人に尋ねることのメリットとして、

  • 他人の思考回路を参考にできる
  • さらに良いアドバイスがもらえる

といったことがあります。

ついでに、その人がどのようにして能力を身につけたかなども聞いてみると、今後の成長に役立ちます。

予定を簡単に動かさない

せっかく自分で立てた計画なのですから、きちんと守る必要があります。

それでこそ自律と呼べます。

だらだらと誘惑に負けて、計画を投げ出す習慣がついてしまうと、何をやっても達成できません。

人生も中途半端なままです。

それでいいのですか?

まとめ

いかがでしたでしょうか。

もう一度、おさらいしておきましょう。

  1. 週単位、曜日ごとにやるべきことを決める
  2. 先延ばしをしない、言い訳もしない
  3. やらないことを先に決めてしまう
  4. 探し物を減らす
  5. 大差のないことに悩まない
  6. 人に尋ねる
  7. 予定を簡単に動かさない

特に月間タイムラインと日々の計画、整理整頓は本当にオススメです。

次の記事も参考にしてください。

管理者のスケジュールを公開中!

私が禅に興味を持ったきっかけに、枡野悛明さんがいます。

次の書籍がオススメです。

『考える前に動く習慣』枡野悛明

コメント

当方からの反応がない場合は、メールアドレスの誤記入の可能性があります。もう一度メールアドレスを確かめてお送りください。

【コメントの書き方について】
「名前」は公開されます。ペンネームでOKです。メールアドレスは公開されず管理人のみ閲覧できます。お気軽にお寄せください。皆さんの役に立つサイトを作りたいです。

【コメントの仕組みについて】
このブログに寄せられたコメントは管理人である私が「承認」することで公開される仕組みになっています。「非承認」のままでは公開されず、管理人のみがアクセスできるコメントボックスに蓄積されます。

冒頭に【非公開希望】と書いていただければ、非公開状態でメールでご返信いたします。

【コメントの取り扱いについて】
いただいたpublic commentは、そのまま引用紹介することがあります。また、【非公開希望】で頂いたご相談は本人を特定できない状態で紹介させていただくことがあります。メッセージを送られた場合、これらをご了解いただいたものと理解します。

個別相談をご希望でしたら、管理人が行っている学習コーチングサービスをご利用ください。

【ご相談について】
ご質問やご相談は大歓迎です。ただし、すべてに対応できるとは限りません。他の読者さんにも役立ちそうなテーマを中心に記事にてご回答差し上げます。

詳細はプライバシーポリシーをご覧ください。

——
下のリンクからもご質問、ご相談できます。
メールアドレスも記入不要です。
完全に匿名でメッセージを送る|マシュマロ質問箱
メッセージの扱いはコメント欄と同様です。管理人からの反応はありません。
——

タイトルとURLをコピーしました